短鎖脂肪酸を増やすには

短鎖脂肪酸を増やすには、食物繊維を摂取することが効果的です。

食物繊維は果物や海藻類などに含まれる水溶性のものと、豆類や穀物などに多く含まれている非水溶性のものがあるため、それらの食物をバランスよくとることで、短鎖脂肪酸を増やすことができます。

単にそうした食べ物を食べればいいと言うだけではなく、ゆっくりと時間をかけて食べることも短鎖脂肪酸を増やすには重要なポイントです。

食物繊維を多く摂取すると、難消化性の炭水化物を分解する腸内細菌が活発になり、分解の際に短鎖脂肪酸が生み出されるのです。

他にも、乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌といったプロバイオティクスを摂取することも短鎖脂肪酸を増やすには効果的です。

生きたまま人間の体に良い影響を与えるプロバイオティクスは、生きて大腸まで届き、大腸のエネルギー源である短鎖脂肪酸を増やすと言う報告が数多くなされています。

ヨーグルトなどに多く含まれているため、それらを多く食べ、積極的に摂取することで短鎖脂肪酸の増加が期待でき、食物の消化を良くしたり、胃腸の働きを良くしたりして、健康的な生活に大きく寄与することになります。

食べ物に気を遣うことが、健康を手に入れることにつながるのです。

⇒おすすめの短鎖脂肪酸サプリはこちら