ビフィズス菌b-3を食べ物以外で摂取するには?

腸の働きを高めることができるビフィズス菌や乳酸菌は、食べ物にも含まれています。

食品ではヨーグルトが有名で、腸内環境を整えるために朝食にヨーグルトを食べている家庭も多いです。

腸内には悪玉菌と善玉菌がいますが、悪玉菌が増えると様々な病気の原因になります。肉を食べ過ぎると悪玉菌が増えるので注意が必要です。

腸内をきれいにして便秘の改善にも役立つのが、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌になります。野菜に多く含まれる食物繊維を摂取すると乳酸菌が増えます。

豆や野菜に多いオリゴ糖をエサにして増えるのがビフィズス菌です。腸内環境を良好に保つには野菜や豆、海藻を多く摂取して肉を食べ過ぎないことが重要になります。

野菜に含まれている食物繊維は第6の栄養素と呼ばれ、1日350gの野菜を摂取することが目標とされます。

善玉菌を気軽に摂取できるのがヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントです。サプリメントは様々な製品が各メーカーから販売されていますが、ビフィズス菌b-3を配合したサプリメントは口コミでも高い評価を受けています。

摂取した乳酸菌は便として排泄されるので、便秘気味の人は適量のヨーグルトやサプリメントを摂取することで便秘の改善が期待できます。