こうじ酵素とラクビの違いについて知りたい方のために、それぞれの成分や効果の違いや、併用しても大丈夫なのか、どっちがどんな人におすすめなのかについてまとめてみました。

また、価格やお得なキャンペーン情報、そして他の通販では比べ物にならないほど格安で購入できるところも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

こうじ酵素とラクビの違いとは?

 

まずこうじ酵素は、年齢と共に減ってしまう酵素を、日本人の体質に合った麹から補うことで体質を改善し、朝すっきりと目覚め、すべすべのお肌を取り戻すことを目的としたサプリです。

⇒こうじ酵素の詳細はこちら

 

一方でラクビは、腸内フローラのバランスに着目し、お腹の状態を整える酪酸菌とビフィズス菌などを配合することでお通じを改善し、体の内側から太りにくくて?せやすい体質になることを目的としたサプリです。

⇒ラクビの詳細はこちら

さらに、それぞれの違いを成分、効果、価格の観点から比べてみましたので、あなたの判断の参考にしてみてください。

■成分の比較

【こうじ酵素に含まれる成分一覧】
穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米)、難消化性デキストリン、還元麦芽糖水飴、酒粕発酵物、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

このように、こうじ酵素は、大麦やあわ、ひえ、きびなど7つの穀物が原料として使われていて、これらの原料を発酵させることで酵素の体質改善効果や美肌効果がしっかりと発揮されるようにつくられています。

【ラクビの含まれる成分一覧】
サラシアエキス、麦芽糖、酒粕発酵物、澱粉、デキストリン、ビフィズス菌末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、リン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素

この中で特に注目してほしい成分はサラシアエキスと酪酸菌です。サラシアエキスは体に摂り込まれた糖質の吸収を制限してくれるので、太りにくい体づくりには欠かせない成分です。

また、酪酸菌は、過剰な栄養分を吸収して体外に排出してくれる短鎖脂肪酸をつくることができる成分なので、便秘の改善やダイエットに不可欠なものです。

■効果の比較

酵素は摂取した栄養素を体の隅々にまで運ぶ役割を果たしていて、この酵素が減少すると新陳代謝が滞ってしまいます。

ですから、年齢とともに酵素が減ると、その結果が最も顕著に現れるのがお肌の状態なんですね。

肌荒れしているということは、体の内側も新陳代謝が滞っているということなのですが、こうじ酵素はこの酵素不足を解消し、体の内側も外側も代謝を活性化してくれる効果が期待できます。

一方、ラクビは、1粒で1700万個も摂取できる酪酸菌により短鎖脂肪酸がたくさんつくられるので、不要な栄養が細胞にたまるのを防ぐことができます。

それと同時に、いらなくなった栄養素を便と一緒に外に出す働きをするのでお通じがよくなり、腸内環境が改善されてお腹がスリムになりますし、以前と同じ量を食べても太りにくい体質になる効果が期待できます。

■価格の比較

1ヶ月分のものを単品で購入するなら、やはり楽天やアマゾンといった大手の通販サイトがお得ですね。

楽天でそれぞれの最安値を調べてみると、こうじ酵素が2980円 (税込・送料無料) 、ラクビが4100円(税込・送料無料)でした。

ふだんから使い慣れた通販で購入するのもよいのですが、こうじ酵素やラクビのようにじっくりと体質改善していくようなサプリの場合、効果を体感するまでに数ヶ月くらいかかります。

そうなると、毎月購入手続きをするよりも、自動的に毎月届けてくれる定期購入の方が楽です。

定期購入というと、一般的に高いとか回数のしばりがある、解約しにくいなどのイメージがありますが、こうじ酵素やラクビを販売しているニコリオの公式サイトならその心配はかなり少ないです。

【こうじ酵素を公式サイトで定期購入したときの価格】

継続回数の条件:最低3回
初回購入金額:500円+送料無料(通常より3150円お得!)
2回目以降の購入金額:2640円+送料無料(通常価格の27%オフ)
3回の合計金額:5280円(税込)+送料無料(楽天の最安値だと8940円)

⇒こうじ酵素の初回500円モニターの募集はこちら

【ラクビを公式サイトで定期購入したときの価格】

継続回数の条件:最低3回
初回購入金額: 500円(税込)+送料無料(通常より3300円お得!)
2回目以降の購入金額:2740円+送料無料(通常価格の27%オフ)
3回の合計金額:5780円(税込)+送料無料(楽天の最安値だと12300円)

⇒ラクビの初回500円モニターの募集はこちら

このように、3ヵ月のお値段が楽天で毎月単品購入するより断然お得なので、もし試してみるなら、公式サイトを活用することをおすすめします。

両方を併用して飲んでも大丈夫?

結論から言えば、こうじ酵素とラクビの両方を併用して飲んでみ、まったく問題はありません。

販売しているメーカーでは、これらの併用は相乗効果があるということで公式におすすめしているほどです。

アプローチの方法が異なるだけで、どちらも腸内環境を整える効果が期待できるサプリです。

こうじ酵素で不足している体内酵素を補い、ラクビで酪酸菌やビフィズス菌を補給してお腹の中の痩せ菌を増やせば、かなりの相乗効果がありそうです。

問題はお値段ですが、そうなるとやはり公式サイトの定期購入がおすすめになりますね。

楽天などで毎月購入するよりほぼ半額ですから、単品購入するのと同額程度でどちらも試せるわけですから。

ただ、個人個人体質がありますので、出費を抑えたい場合はご自分の体調に合わせてどちらか片方ずつじっくり試してみてください。

こうじ酵素とラクビの口コミからみた効果の違い

こうじ酵素の口コミ情報はとても多く、アットコスメには新旧あわせて1000件以上の声が掲載されています。

全体的には7段階評価のうち評価5が最も多いので、おおむね高評価の意見が多いようです。

効果としては、朝の目覚めが良くなった、メイクのノリもよくなり夜までくずれない、体重が少しずつ減った、翌日に疲れが残らなくなったなどがありました。

反対に低評価の意見としては、まったく瘦せない、体に何の変化もない、便秘にはきかないなどの声がありましたね。

ラクビも口コミ情報が多く、こうじ酵素ほどではないですが、それでもアットコスメには500件以上の意見が寄せられています。

こちらも評価5の意見が最も多く、評価0や1の低評価の意見は全体の10%以下なので、全体的には高評価ですね。

口コミから見た効果としては、やはりお腹の調子がよくなった、お通じが改善されたという意見が最も多く、毎月1~2キロずつだけど体重が減ったという声が多いです。

どちらかというと、こうじ酵素より体重が減ったという意見が多いようなかんじがしますね。

逆に低評価の声としては、こうじ酵素と同じようにまったく体重が減らないとか、便秘が改善されたないという意見がありました。

どっちが飲みやすい?-飲みやすさを比較

毎日飲み続けるということを考えると、飲みやすさという点もけっこう大切なことですよね。

以前、アメリカ製のサプリを購入してみて、1粒のサイズが大きくて飲むのに苦労した経験があります。

こうじ酵素はタブレットタイプで、ラクビはソフトカプセルという違いがあるんですね。

口コミの情報をみてみると、どちらも飲みやすいという声が多く、サイズも日本人に合った小さめになっています。

飲むタイミングとしては、それぞれの成分の特徴からこうじ酵素は食前、ラクビは食後に飲むことが推奨されています。

それと、酵素も酪酸菌も乳酸菌も熱さ冷たさに弱いので、ぬるま湯か常温の水で飲むのがおすすめとされていますよ。

こうじ酵素がおすすめな人とおすすめできない人

こうじ酵素がおすすめな人は、疲れがたまっていると感じる人、最近体が重く感じるという人、朝起きれない人、肌荒れが気になる人などです。

おすすめできない人は、すぐにでも瘦せたい人、毎日飲み続けるのが苦手な人で、特に短期的なダイエット目的にはむかないです。

ラクビがおすすめな人とおすすめできない人

ラクビがおすすな人は、お通じの悩みを解決したい人、太りにくく瘦せやすい体質になりたい人、タブレットタイプを飲むのが苦手な人になります。

おすすめできない人は、特に薬を飲まないとお通じがない人、長年頑固な便秘で悩んでいる人、乳製品を飲食すると下痢をする人になりますね。

便秘のお薬を常用している場合は、ラクビを飲んでも便秘は改善しない可能性が高いです。

まとめ

最後にまとめると、こうじ酵素とラクビを併用して飲むのは問題なく、どちらも一緒に飲むなら、食前にこうじ酵素、食後にラクビをぬるま湯で飲むのが効果的です。

また、数週間といった短期間でのダイエット目的にはむかず、乳製品にお腹が弱い人や頑固な便秘の人にはむかないということになりますね。

お財布にやさしいのはどちらも公式サイトの定期コースを利用することで、今なら特別キャンペーンをやっています。

どちらか一方だけでも試してみる価値はありますので、3ヵ月から半年後にあなた本来の健康で美しいカラダを取り戻してください。

⇒こうじ酵素の公式サイトはこちら

⇒ラクビの公式サイトはこちら