短鎖脂肪酸とは、油脂を構成している成分の脂肪酸の一種です。そもそも脂肪酸は、一般的には数個または数十個の炭素が鎖のように長くつながった構造をしているものなのです。

そして、脂肪酸の炭素のつながりの数が6個以下のものを特に短鎖脂肪酸と呼び、それには酢酸やプロピオン酸や酪酸などが含まれています。

その短鎖脂肪酸は、食物を人間が食べて大腸の中に取り込まれると、その中で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖と腸内細菌が混ざり合い、発酵することで作り出されることになります。

そのように生成された短鎖脂肪酸は、主に大腸粘膜組織から吸収されて、上皮細胞を増殖させたり粘液の分泌が促されたり、または水やミネラルの吸収をおこなうためのエネルギー源として利用され大いに活用されるのです。

そのうえで一部は血流に乗って全身に運ばれて、肝臓や筋肉や腎臓などのさまざまな組織で、エネルギー源や脂肪を合成する材料として使われるのです。

そのほかに、短鎖脂肪酸は腸内を弱酸性の環境にすることで、有害な細菌が増えることを抑える役目をしたり、大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進したりすることにも利用されます。

さらには、免疫反応を制御する役目も担うなど、多岐にわたる機能がある素晴らしい脂肪酸です。

⇒おすすめの短鎖脂肪酸サプリはこちら