短鎖脂肪酸で腸内細菌はどうなる?

短鎖脂肪酸で腸内細菌はどうなるかについての基本的な知識の説明です。

短鎖脂肪酸は、簡単に分解できない難消化性炭水化物を、体内にある腸内細菌が分解することによって産生されます。

短鎖脂肪酸は大きく分けて三種類あり、大腸の粘膜細胞のエネルギー源になるのです。

短鎖脂肪酸が不足すると、病気が治りにくくなったり体のバリア機能が低下する危険性があります。

腸内細菌を増やすには食物繊維をとるようにするのが大事であり、短鎖脂肪酸を作る手助けになるのです。

これが不足すると独特の嫌な匂いが尿や便からするので目安になります。それでプロバイオティクスの摂取をする事が最近奨励されているのです。

短鎖脂肪酸が適度に体内にある事で、腸内細菌が正常に働き、ヨーグルトや食物繊維を積極的にとると増えます。

短鎖脂肪酸の働きで、便に膜を作る作用があり匂いを軽減するのです。大腸のエネルギー源だけでなく蠕動運動を促進します。

粘液の分泌や水及びナトリウムを吸収促進するのです。腸上皮細胞の増殖をする役割があり、腸内の環境を整える大事な役割があります。

水分を適度にとる事や食物繊維を食べる事、そしてプロバイオティクスを積極的に摂取すると正常になる、ということです。

⇒おすすめの短鎖脂肪酸サプリはこちら