ヨーグルトを食べると短鎖脂肪酸が増えて腸内環境改善

ヨーグルトを食べると腸内環境を改善できる、という文句を聞いて、毎朝せっせとヨーグルトを食べている方も多いでしょう。

しかし、なぜヨーグルトを食べることで腸内環境が改善されるのかはご存知でしょうか。

私達人間の腸内には常に100兆億個もの細菌が存在しています。そして腸内環境を整えて全身へ良い影響を及ぼすためには、腸内を整えてくれる善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える必要があります。

その助けをしてくれるのが、発酵食品に含まれている生きたままの乳酸菌やビフィズス菌です。

これら善玉菌が生きたままで腸まで届いて働いて発酵を起こし、酪酸などの短鎖脂肪酸をうみます。

短鎖脂肪酸は大腸粘膜の細胞のエネルギー源となったり、ミネラル成分の吸収を促したりしてくれます。

そしてこれが作られることによって腸内は酸性に傾きますので、悪玉菌は酸性に弱いのでその数が減り、結果腸内環境が整うということになるのです。

善玉菌が発酵を腸内で行うため、善玉菌の餌も必要です。

水溶性食物繊維の一部は腸内細菌の餌になっていますので、ヨーグルトとともにそのような水溶性食物繊維、例えば熟した果実や根野菜類、大豆や大麦、ライ麦やこんにゃくなどを食べるようにしましょう。

⇒おすすめの短鎖脂肪酸サプリはこちら