ダイエットを妨害する料理

ダイエットをする時は誰もが、カロリーの低い食事を考えます。

しかし、美味しい食べ物の誘惑は、なかなかやめる事ができない人が多いでしょう。

ダイエットの妨害になる、高カロリーの食べ物はたくさんあります。 高カロリーな食べ物は人間が美味しいと感じる、食べ物が多いのです。

例えば、ジャンクフードなど…。

ハンバーガーや、スナック菓子といったジャンクフードは、少量でもカロリーがとても高い物が多く、肥満の元になってしまいます。

その上、ジャンクフードは、カロリーが高い割に、ビタミンやミネラルといった、ダイエットや身体に必要で、大切な栄養素があまり含まれていません。

清涼飲料水でも、砂糖や食品添加物が、大量に入った物が多かったりするので、ダイエットする時には、向いていないと言えるでしょう。

こういったジャンクフードは、摂取し過ぎれば、肥満や糖尿病といった、生活習慣病を引き起こす原因になったりするので、ダイエットの妨げになってしまいます。

美味しくてもダイエットの為に、ジャンクフードなど、高カロリーの食べ物の誘惑に打ち勝ちましょう。

痩せたいならタバコを控えること

良く、「タバコをやめると太る」などといった話しを聞きます。

しかし、それはタバコをやめる事によって、口が寂しいなどの理由で、お菓子やアメなどを口にしてしまったりするので、太るというだけです。

決して、タバコに痩せる要素があるわけではありません。

逆に、タバコはダイエットをするにあたって、良くない物なのです。

タバコに含まれているニコチンは、交感神経を刺激する作用があり、心臓に負担をかけ、血圧を下げたりしてしまいます。

また、コレステロールを酸化させてしまい、動脈硬化を引き起こしやすくなる事もあるのです。

動脈硬化など、血液の流れが悪くなるのは、代謝も下げてしまい、ダイエットにとっては良い状況ではありません。

タバコで、空腹感を紛らわせたりできる時もあるでしょうが、それはほんの一時の事です。

血液の流れが悪くなれば、様々な悪影響を与えてしまうので、ダイエットに必要な運動もできなくなってしまったりもするでしょう。

タバコは、せっかく摂取したビタミンを壊してしまう事もあるので、肌も荒れやすくなります。

健康的にキレイに痩せる為には、タバコを控える事をオススメします。

体によくない添加物やインスタント食品

食品添加物は、食品の見栄えを良く見せたり、味を整えたりする為に使用される、甘味料や着色料、香料。

食品の、保存性を良くする為にに使用される、保存料や酸化防止剤など、様々な種類の物があります。

この食品添加物は、インスタント食品やスナック菓子、清涼飲料水などに多く添加されています。

また、天然の植物性の物と、化学合成の物とがあります。 これらの食品添加物は、身体に良くないと言われています。

例えば、食品添加物が原因で、喘息の発作がでてしまったり、じんましんといった、アレルギー症状が出る人もいます。

しかし今の世の中、生きていくにあたって、食品添加物をゼロにすると言う事はなかなか難しいでしょう。

食品添加物がなければ、作る事ができない食品などもたくさんあるのが現状です。

アレルギーなどがある方や、アレルギー症状が出ると言う方は、どの食品添加物が原因なのかと言う事を、しっかり把握する必要があるでしょう。

無添加ばかりで、食生活が過ごせるのが一番なのですが、避けて通るのが難しい現状、できるだけ食品の成分を良く把握して、食品添加物を減らす努力をするのが良いでしょう。